チャクラはエネルギーセンターであり、エネルギーをやりとりする場所です。

身体上にはたくさんのチャクラがありますが、その中でも特に重要なチャクラは体の中心線上の7つのチャクラです。

チャクラの説明と言えば通常その7つをするでしょう。

 

しかし、今回はシータヒーリングで使う手のひらのチャクラについてお話します。

シータヒーリングでは手を合わせて、手のひらのチャクラからクライアントへエネルギーを流します。

 

シータヒーリング以外でもハンズオン(手を使って)のヒーリング手法はたくさんあります。

では、なぜそのような手法が多いのでしょう。

 

その理由の一つが、手のひらのチャクラを使ってヒーリンングを行うとクライアントからの負のエネルギーの影響を受けにくいという利点があるためかもしれません。

例えば他のチャクラを使ってエネルギーを送る場合、相手のエネルギー状態が悪いと、その影響を直に受けてしまうことがあります。

 

手のひらのチャクラは比較的それらの影響を受けにくいのです。

これがメインの7つのチャクラと違う点です。

 

人は腹痛や頭痛などの際に、自然に痛い箇所に手を当てる動作をします。

それは無意識に手のひらのチャクラの機能を使おうとしているのかもしれませんね。

 
handson