皆さん、お久しぶりです。

週末から暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 私は蒸し暑さが大の苦手です。

が、この暑さもスイカやカキ氷を美味しくいただくための要素の一つと言い聞かせて過ごしております。

さてさて、前置きはこのくらいにして、 先日のサロンでのエピソードをお話しますね。

 

シータヒーリングをかけた直後の事です。

「何にも分からないんですけど(エネルギーを感じない)・・・」 と不安そうな表情。

 

エネルギーを感じるってどういうことなんでしょうか。

「感じる」というイメージは?

その方は、何かが触れるような感覚を期待していたようです。

スピリチュアルな事って、自分の予想と外れると感じていない、違うな、と思いがちです。

が、よくよく訊いてみると感じていることがあります。

「何か超微風が・・・」とか、「波を見てる画像が頭に浮かんできた。」とか。

エネルギーってとても微妙な感覚がほとんどです。

だから本当は感じてたけど気が付かない人も多いのです。

 

でもね、ここで声を大にして言いますが、 感じても、感じなくてもエネルギーは入れてます!

「感じなかった」と言った人も次の日便秘が治ったり、 やる気が出てきたりという結果報告をいただきますしね。

 

ヒーリングを受ける側にエネルギー感度は必要がありません。

エネルギー感度が高いと面白いとは思いますけどね。

エネルギーが入ったんだ。エネルギーを受け取ったんだ、という意識が大切です。