今回は私が最近読んだ本についてお伝えしたいと思います。

 

「アルクトゥルス人より地球人へ」を読みました。
チャネリング本はのめり込めず、途中で放り出してしまう物も多い私ですが、興味深い内容でした。

 

サナト・クマラにも興味があったのであっという間に読み終えてしまいました。
 人類創造や地球の未来なんて、興味持たない人がいるわけありませんよね。

 

この本を読んで、特に印象に残っている部分は、宇宙人にはそれぞれ得意不得意があるけれども、地球人はほぼ不可能が無い、全能に近いというようなことが書かれていた部分です。

 

イエス・キリストのある逸話を思い出しました。
イエスが奇跡を起こしたとき、その場にいた人々は驚嘆しました。

 

その様子を見たイエスは

「あなた達のほうが私よりも凄いことができるのですよ」

と言われたそうです。

それは、地球人のDNAが全能に近いということを意味していたのかもしれませんね。

 

 

この手の本は読んでいてイメージしにくい文面が多いのですが、比較的分かりやすいかと思います。

アンソロジー形式で読みやすいし、宇宙人なのに職業を言ってたりして、親しみが持てる文章です。

文中のエネルギーワークも効果ありの良本です。

 

アルクトゥルス人より地球人へ